ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メニュー一覧



はじめての人向け

 ○ 最低限やることまとめ

美容編

 ○ 髪のセット・ケア
 ○ 肌のケア ← 重要
 ○ 顔全般

体型編

 ○ 王道ダイエット
   ・レコーディングダイエット
   ・低炭水化物・糖質制限
 ○ 筋トレ

ファッション編

 ○ カジュアルの基本
 ○ フォーマルの基本

香り編

 ○ 香水の選び方・付け方
 ○ 体臭を抑える方法

健康編

 ○ 生活習慣改善のまとめ

※睡眠、栄養など



コラム編

 ○ 努力でイケメンになれるのか
 ○ 努力することの優先度の考え方

skin:nutrition

男の肌に良い食べ物



抗酸化作用のある食べ物

肌に良い食べ物はたくさんありますが、その中で特に男にオススメなのが抗酸化作用のある食べ物です。
私達人間は酸素を使ってエネルギーを作っていますが、その過程で酸化作用の非常に強い活性酸素という物質が生まれます。
活性酸素は、その強い酸化作用でウイルス等を殲滅する良い作用もあるのですが、増えすぎると正常な細胞にまで働きかけてダメージを与えてしまいます。
なので、活性酸素の“増えすぎ”を抑える抗酸化作用をもった食べ物を積極的に摂取する必要があります。

抗酸化作用のある食べ物って具体的には?

活性酸素の酸化作用を抑える栄養素として代表的なものは以下です。
これらが多く含まれている食べ物を多く食べることが肌に良いのです。

  • ビタミン(特にA・C・E)
  • カロテノイド(リコピン、カプサイシンなどの色素成分)
  • ポリフェノール

要するにどんな食べ物を食べればいいの?

抗酸化作用が最も強いと言われている食べ物はバナナとニンニクです。
この2つの食べ物を意識して取るようにするだけで抗酸化作用はだいぶ違います。
あとは栄養素別にオススメの食べ物を紹介します。

栄養素多く含まれる食べ物
ビタミンA人参、かぼちゃ
ビタミンCいちご、ブロッコリー
ビタミンEアーモンド、アボカド
カロテノイドトマト、みかん、唐辛子
ポリフェノールブルーベリー、緑茶、ごま


肌の主成分であるタンパク質

肌の主成分はタンパク質です。
なので、当然原材料であるタンパク質が不足すると、修復することができず肌は荒れがちになってしまいます。

ちなみに、肌に良いと言われているコラーゲンもタンパク質の一種です。
よくコラーゲンは吸収されないので意味ないと言われていますが、厳密には違います。
コラーゲンを含めタンパク質はそのままでは分子が大きく吸収されないので、消化の過程でアミノ酸に分解されます。
このアミノ酸には、もはやコラーゲンが持つ独特の作用はありません。
では、コラーゲンが全く無意味かというと、アミノ酸によって肌が作られるので当然一定の効果があります。
もちろん、これはわざわざコラーゲンでなくても“良質な”タンパク質であれば当てはまる効果であり、コラーゲンでないといけないという訳ではありませんけどね。
とはいえ、少なくともコラーゲンは良質なタンパク質なので、摂取が無意味なんてことはありません。

ささみばかり食べればいいわけではない

たんぱく質は20種類あるアミノ酸の組み合わせでできており、特に体内で合成できない9種類のアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれています。
必須アミノ酸が一つでもかけていると、筋肉や肌の生成効率はとても落ちてしまいます。
そこで、必須アミノ酸の充足率を表すアミノ酸スコアが100のものを中心に食べる必要があります。
アミノ酸スコアが100のものの代表は5大たんぱく質源と呼ばれており以下のものが当てはまります。

  • 肉類
  • 魚類
  • 大豆・大豆製品
  • 牛乳・乳製品

こう聞くと、低カロリー高たんぱくの鳥のささ身だけ食べればいいという人がたまにいます。
しかし、それは間違いです。
確かに鳥のささ身は必須アミノ酸がすべて含まれていますが、その構成比は人間のたんぱく質と全く一緒ではありません。
なので、1種類の食品だけだとどうしても偏りが出てしまいます。
ですので、偏りをなくすために、5台たんぱく質源をバランスよく摂取する必要があります。
これはたんぱく質に限らず、様々な栄養素を補給するという意味でも重要です。

その他重要な栄養素を含む食べ物

その他というと効果が薄い食べ物のように聞こえますが、くくり的に一つにまとめづらかっただけで効果としては非常に大きいです。

栄養素効果代表的な食べ物
鉄分コラーゲン・ヒアルロン酸の生成を助けるレバー・ひじき
亜鉛新陳代謝の促進カキ、レバー
オメガ3脂肪酸抗炎症作用(にきび対策)さば、まぐろ

ただし、男の場合は鉄分をあまりに過剰に摂取すると、嘔吐・下痢などの副作用があるので、サプリなどでとっている人は注意してください。
最後になりますが、栄養素にこだわりすぎてバランスの良い食事を崩してしまっては十分な効果を発揮できません。
正直言って現代の栄養学は完璧とは程遠いもので、栄養素単体の効果はだいぶわかっていますが、複数の栄養素の相乗効果についてはまだまだ研究が進んでいない部分もあります。
なので、偏った食事ではなくバランスよく食事を摂ることが非常に重要となります。


足りない場合はサプリで補充も

これらの食事をバランスよく続けられれば一番良いのですが、忙しい現代人の食事はどうしても偏りがちです。
そこで、補助的にサプリメントを活用することをオススメします。

日本のサプリメントはオススメしない

アメリカなどのサプリの規制が厳しい国では、サプリの原材料も厳しく規制されています。
しかし、日本では栄養素が適正に入っているかどうかしかチェックされていません。
なので、DHC等の他より安い価格のメーカーなんかは農薬漬けの野菜や薬漬けの動物から栄養素を抽出している可能性が非常に高いです。
実際、アレルギーの人は安いサプリを使って湿疹が出たなどの報告も多々あります。

また、実はミネラルはそのままではあまり吸収されません。
そこで、海外ではアミノ酸と結合させて吸収させやすくするキレート加工を施すのが一般的ですが、知名度が低くコストも高いので日本ではあまり導入されていません。
ですので、海外製のサプリを輸入することをオススメします。

輸入にはiHerbを使うと良い

アマゾンでも海外サプリの取り扱いがありますが、値段的には個人で輸入したほうが安くなります。
輸入というとハードルが高く思えるかもしれませんが、iHerbは日本語で注文できるのでアマゾンを使うのと変わりありません。
※一部、住所などローマ字で入力する必要があったり、検索で英語のみ対応の商品もありますが、それほどハードルは高くありません

中でもオススメなのは、Alive!です。
日常に必要な栄養素がすべて入っていて、キレート加工もあり、それでいて高くないので、オススメです。
男性用のもの(上記リンク)には鉄分は入っていませんが、もちろん女性用には鉄分が入っているので注意してください。

【追記】円ドルレートによっては日本のAmazonで買うほうが安い場合もあるようなので、両方のリンクを比較してみてください!


今注目のビタミンCサプリ

抗酸化作用のところでビタミンCの重要性について述べましたが、実は大きな弱点があります。
ビタミンCは血中に吸収されないと効果がかなり薄れてしまうのですが、口から摂取しても吸収されにくく、ほとんどが体外に排出されてしまうのです。
なのでかなり前からビタミンC注射という、血中に直接注入する方法が最も効率的とされてきました。
ですが、ビタミンC注射は効果が絶大なのですが、1回2000円程度とられる上に時間がかかってしまうというのが弱点でした。

少量の吸収で我慢するか、お金を時間をかけて効果を得るのの二択しかなかったビタミンCですが、数年前に画期的なサプリができました。
それがリプライセルというサプリで、通常の消化器官で消化されず、リポソームを利用して血中に届けることを可能にしたものです。
難しいことはさておき、結論から言うと、サプリでビタミンC注射と同様の効果を、しかも低価格で受けることが可能になったのです。
その効果はアメリカ国立衛生研究所でも認められており、今全米で爆発的に流行っています。
今のところ日本のメーカーでは発売されていないので、iHerbで輸入するかAmazonを利用するしかないのは少し残念です。
おそらく日本の厚生労働省は認可がものすごく遅いので日本での実現はだいぶ先になるかと思います。
ですが、世界で最も基準が厳しいと言われるFDA(アメリカの厚生労働省的なところ)で既に認可が得られているので効果は安心です。

美肌の効果がものすごく高く、風邪の予防や、実際に引いてもリプライセルを飲んでいれば1日で治る効果もあります。
さらには、ストレスや疲労に対しても効果があると言われています。
そんなリプライセルですが、弱点が二点ほどあります。
一つは、ビタミンC注射に比べれば安いもののサプリとしての値段は比較的高額なことです。
少しでも安く買いたければ、レートにもよりますがiHerbから輸入するのが最安です。
めんどくさい場合は、Amazonでも買うことができます。
二つ目は、とにかく超絶まずいということです。
実際飲んでみればわかると思いますが、本当にまずいです。
皆さん炭酸水で割ったり、ジュースで割ったりして何とか飲み込んでいるようです。
ですが、デメリットを補ってなお余るほどの効果があるので、興味を持ったらぜひ試していただければとも思います。

まとめ

  • まずはバランスの良い食事を心がける
  • 抗酸化作用のある食べ物、良質なタンパク質を多く摂る
  • 鉄分・亜鉛・オメガ3脂肪酸も意識して摂取する




◎関連ページ

 上位ページへ戻る→戻る→男の肌ケアまとめ



イケメンになる方法wiki TOPページへ

skin/nutrition.txt · 最終更新: 2017/02/12 21:45 by men