ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メニュー一覧



はじめての人向け

 ○ 最低限やることまとめ

美容編

 ○ 髪のセット・ケア
 ○ 肌のケア ← 重要
 ○ 顔全般

体型編

 ○ 王道ダイエット
   ・レコーディングダイエット
   ・低炭水化物・糖質制限
 ○ 筋トレ

ファッション編

 ○ カジュアルの基本
 ○ フォーマルの基本

香り編

 ○ 香水の選び方・付け方
 ○ 体臭を抑える方法

健康編

 ○ 生活習慣改善のまとめ

※睡眠、栄養など



コラム編

 ○ 努力でイケメンになれるのか
 ○ 努力することの優先度の考え方

hair:shampoo

【メンズ向け】正しいシャンプーの選び方・使い方



メンズのオススメシャンプーランキング

メンズ向けのシャンプーの選び方の最大のポイントは、メンズ向け製品にこだわらないことです。
実はシャンプーを含め多くの美容品はもともと女性向けに開発され、そこに香料を加えてメンズ向けとしているものがほとんどです。
市場的にも女性のほうが大きく、お金も使ってくれるのでどうしても女性用製品の開発が進み、男性向けはあまり開発されません。
もちろん値段の高いものは男性向けにより効くように開発されていますが、基本的に安いものはほとんど女性向けのものに香料を加えただけです。
なので、基本的にはメンズ製品にこだわらず、髪や頭皮に良いシャンプーを選べばよいのです。

ただし、シャンプーは少しだけ事情が特殊で男性特有な現象として抜け毛があります。
なので、根本的に抜け毛対策をしたいときには、抜け毛予防の効果のあるシャンプーを選ぶべきです。
しかし、それ以外はメンズ向けにこだわらず、幅広くシャンプー選びをすることが重要です。
そんな、メンズにオススメなシャンプーをランキング形式で3つ紹介します。

1位 デミ ミレアムヘアケア

コスパが圧倒的に最強なのが、もともとサロン限定品のミレアムです。
2chのシャンプースレでは必ず名前が挙がるほど、知名度も高く男性人気も高いです。
ノンシリコンで、植物由来の優しい成分で肌が最も弱いアレルギー体質の人でも使えます。
洗い上がりもとてもよく、髪質が改善したとの声がよく聞かれます。

たまにミレアムは洗浄力が弱いという批判がありますが、実は強すぎない洗浄力こそポイントなのです。
市販の石油由来のシャンプーは安価に作れるのですが、洗浄力が強力すぎてそのままでは髪や頭皮がダメージを受けてしまいます。
そこで強すぎる洗浄力から髪を守るためにシャンプーに配合されたのがシリコンです。
このシリコンが安物だと頭皮に残留して髪質に悪影響を及ぼしてしまいます。
ですが、本来は頭皮に詰まった汚れを落とせればシャンプーの洗浄力としては十分なのです。
確かにミレアムの洗浄力は強くありませんが、正しい洗い方をすれば頭皮の汚れは十分落とせるので、必要な効果を十分に持ちつつ髪や頭皮に優しい最強のシャンプーなのです。


2位 バイタリズム

バイタリズムは少々高いのですが、シャンプーに危険な成分が入っていないかを評価するシャンプー解析サイトで1位を取るほど成分が完全に安全です。
ミレアムでも基本的に成分に問題ないのですが、抜け毛が気になる人や超敏感肌の人はより安全なシャンプーを選んだほうが頭皮には効果があります。

ただ値段が少し高くなってしまうので、ランキングとしては2位としました。
また、シャンプー解析サイトは実際の使用感ではなく、単純な成分での評価(しかも配合量は考慮されていない)なのでこれだけで選んでしまうと期待と違うことがあります。
実際、皮膚科医がオススメしている効果の高いシャンプーでも、シャンプー解析サイトでは評価が低いことがあります。
バイタリズムに関しては、男性を中心として使用感の評価も良いので安心して使えます。

スカルプケアというと若い男性には関係ないように思えるかもしれませんが、ハゲないためには予防ほど効果のあるものはありません。
ですので、若い男性にこそバイタリズムをオススメします。

バイタリズム(VITALISM)スカルプケアシャンプー&コンディショナーセット『男性用』
株式会社ヘアジニアス・ラボラトリーズ
売り上げランキング: 22,513

3位 いち髪

手に入れやすい市販品のシャンプーの中で、比較的成分の問題がなく、メンズの評価も高いのがいち髪です。
市販品はメリットやH&Sなど成分が危険な極悪品もある中で、いち髪は利益率を下げても低価格でいいものを作っていると思います。
ただし、やはり1位2位(もしくは他のサロン品)と比べるとどうしても劣るので、市販品以外選べない状況でなければミレアムやバイタリズムをお勧めします。

いち髪SP&CDペアセット(なめらかスムース)
クラシエホームプロダクツ
売り上げランキング: 9,813

【抜け毛対策】コラージュフルフル

抜け毛対策のシャンプーというと育毛剤メーカが出しているもの等が良くオススメされています。
もちろん育毛剤メーカが出しているだけあって悪くはないのですが、値段が高くなりがちです。(半分はブランド料です。)
当たり前ですが、シャンプーは汚れを落とし頭皮環境を整えるもので、育毛成分は入っていません。
これは育毛剤メーカが出していても同じです。
育毛成分はシャンプーに求めるのでなく、育毛剤をつければよいのです。

ですので、実質的な効果は頭皮環境を整えることに主眼を置いたシャンプーならば効果は一緒です。
コラージュフルフルはフケかゆみなどの頭皮環境の荒れ対策として作られたシャンプーですが、頭皮環境を整えるという目的が同じため、抜け毛対策にも全く同じように効きます。
しかも、値段は育毛剤メーカーの商品の半額程度です。


男の正しい髪の洗い方

実は良いシャンプーを選んでも、正しい洗い方をしないと効果は激減してしまいます。
特に男性にとっては、間違った洗い方は頭皮にシャンプーが残って毛穴をふさぎ、抜け毛の原因になってしまいます。

まず、シャンプーを使う回数ですが、1日1回を厳守してください。
というのも、たいていのシャンプーが1日1回の使用を想定して開発されているからです。
そのため、これよりシャンプーの回数が少ないと汚れが蓄積してしまいます。
また、逆にこれより回数が多いと、頭皮に必要な角質まで落としてしまい、頭皮のバリア機能が低下してしまいます。

次に洗い方ですが、正しい洗い方は決して難しくはなく、ポイントはたったの4つです。

  1. シャンプーをする前に、十分にお湯で流す
  2. 基本的に男の髪なら、使うシャンプーの量はワンプッシュ
  3. 手でしっかり泡立ててから、指の腹でもみこむように洗う
  4. 流しすぎと思うくらい流す

シャンプー前に良く流す

これは次の項目で紹介するシャンプーをのワンプッシュで済ますのと大きく関係するのですが、実は髪の汚れはお湯できちんと流すだけで7割落ちます。
ただ7割落とすにはさっと浴びるだけではなく、長めに流す必要があります。
特に男性は髪も短いため、普通は数秒で終わらせてしまうシャワーですが、ここでしっかり時間をかけて流してください。

シャンプーはワンプッシュ

シャンプーは汚れを落とすものですが、頭皮に残ると頭皮にとっては汚れと全く変わらず、荒れる原因となってしまいます。
シャンプーの量を増やせば増やすほど残留のリスクは上がるので、できればワンプッシュで抑えたい所です。
シャンプーの量を減らすと洗いきれるか不安になるかと思いますが、よほど整髪料をつけすぎない限り男性の髪の長さならワンプッシュで十分落とせます。

手で泡立てて、指の腹で頭皮を洗う

シャンプー残留のリスクは上で触れましたが、泡の状態より原液のほうが頭皮に残りやすいので、シャンプーは手に取ってしっかり掌で泡立てます。

そして、ここが最大のポイントなのですが、最も洗うべきなのは髪の毛ではなく頭皮です。
シャンプーを「洗髪」と訳した名残を受けて、シャンプーは髪を洗うものと思われがちですが、実はシャンプーの語源をたどると「マッサージ」の技術のことを指しています。

髪の表面の汚れだけ落としても、頭皮が汚れていれば生えてくる段階で髪が不健全な状態になります。
また、頭皮が汚れや油で詰まるとそこで菌が増殖し、抜け毛の原因となります。
そのため、泡立てたら爪を立てないように指の腹で頭皮をも揉みこむように洗います。
揉みこむように洗うことで頭皮の汚れが落ちるとともに、頭皮の血流が良くなり頭皮環境も良くなります。

また、頭皮は重力の影響を受けて下に血流が滞りがちなので、洗う順番は「下から上」を意識するとより効果が高くなります。

流しすぎと思うくらい流す

洗髪で一番できていないことが多いのがすすぎです。
繰り返しになりますが、シャンプーが残留すると頭皮にとっては害悪しかありません。
いわば、汚れを落として別の汚れをつけているようなものです。

ですので、このすすぎが非常に重要になります。
実は手触りで落ち切ったと思っても、感じないところでシャンプーの成分は割と残っています。
ぬるぬるが取れ切ったなと思ってから、もう30秒以上流すくらいで流し時間はちょうどいいです。

コンディショナーなどその他のケア

炭酸シャンプーの洗い方

通常のシャンプーでは落としきれない汚れを炭酸の力で浮かせて落とす炭酸シャンプーというジャンルのシャンプーがあります。
これは、抜け毛や臭いに非常に効くとあって、美容院でも男性向けのケアとしてよく導入されていますが、美容院でやると1回500円程度かかります。
そう聞くと効果はあっても難しそうで、しかも高そうに思えますが、モノさえ手に入れてしまえば自宅で簡単にできて、しかも美容院より数段割安で導入できます。
注意点としては、洗い方が普通のシャンプーと少し違うことと、使うのは週1回程度にするということです。

炭酸シャンプーのやり方

  1. まずは通常のシャンプーでシャンプーをする。
  2. 次に、炭酸シャンプーをよく振ってから掌に出す
  3. 泡をつぶさないように頭皮にやさしく押し当てて伸ばしていく
  4. 軽くマッサージしながらより泡立てて、その状態で数分間置く(ここで汚れが浮く)
  5. 良く流して、コンディショナーなどをつける

オススメなのは原宿の美容院を中心としてよく使われているプラーミアです。

ミルボン プラーミア クリアスパフォーム 170g
ヘルス&ビューティー
売り上げランキング: 3,727

コンディショナーの使い方

まず、コンディショナーとリンスの違いですが、今ではコンディショナーはリンスとほぼ同義です。
使う順番としては、シャンプーの後で、トリートメントを使う場合は、必ずトリートメントよりコンディショナーが後です。
これは、コンディショナーの役割が表面のコーティングなのに対し、トリートメントの役割が内部に浸透して補修することだからです。
コンディショナーの後にトリートメントすると、表面がコーティングされて成分が髪の中まで浸透しません。
使い方としては毛先を中心につけ、頭皮になるべくつかないようにします。(コンディショナーは残留しやすいため)
なお、コンディショナーは表面をコーティングして補修するだけなので、トリートメントと違い長時間放置しても意味はありません。
髪全体にまんべんなく行きわたったらすぐに洗い流してしまって構いません。

トリートメントの使い方

髪の内部に浸透して補修するトリートメントは、ショートの男性ならわざわざ使わなくても事足りてしまうことが多いです。
なぜなら生えてすぐの髪は、頭皮環境が悪化していない限りそれほど内部はダメージを受けていないからです。
しかし、パーマやカラーや紫外線などで傷んでいる場合は使うことをオススメします。
その他にも、今よりまとまったきれいな髪が欲しい人には導入をオススメします。
トリートメントは浸透することで効果を発揮するので、基本的にはつけた後数分放置します。
なお、余程ダメージが大きい人は美容院のトリートメントもオススメします。

洗い流さないトリートメント

お風呂を出た後に使うトリートメントが洗い流さないトリートメントですが、実は髪をサラサラにする以外にも重要な役割があります。
それは熱に弱い髪をドライヤーの熱から髪を守ることです。
ショートの男性であればそれほど長時間にならないのでさほど問題になりませんが、ミディアム以上だと少し熱のダメージが生まれます。
そこで、ドライヤー前に洗い流さないトリートメントを使うと熱から髪を守り潤いある髪が保てます。

ミルボン ディーセス エルジューダMO 120ml
ミルボン (2012-03-01)
売り上げランキング: 87

シャンプー等に関するQ&A

Q:シリコンって髪に良くないの?

A:
実はシリコンには種類があり、頭皮に蓄積しやすいタイプは頭皮環境を悪化させるため、髪に良くないです。
ですが、水溶性シリコンなどの蓄積しにくいシリコンはほぼメリットしかありません。
シリコンは髪の表面をコーティングし、熱や摩擦などから髪を守ります。
また、シリコンは酸化しないため臭いの原因とならず、熱にも強いのでドライヤー等かけても効果が持続します。
ノンシリコンで髪がきしむのはこれらの効果を得られないためです。
また、結局安いノンシリコンはシリコン以外のコーティング剤が使われていて、結局頭皮を詰まらせてしまいます。
きちんとした成分を選べば、ノンシリコンでなくても髪に悪影響を与えることはありません。
ただし、コーティング剤なので、カラーやパーマのかかりを悪くしてしまうことはあります。

Q:カラーやパーマで傷んだ髪に効くシャンプー・トリートメントってある?

高くてもいいなら、「場末のパーマ屋オリジナル DO-S 」がオススメです。
2ch「高いシャンプーについて語るスレ」でも評判が高く、デューエスと読むところをドエスとの相性で親しまれています。
縮毛矯正やカラーを繰り返し、どうしようもなくなった髪が復活したと評判が高いです。
ただし、効果は高いのですが、付け焼刃ではなく根本から治すので、どうしても少し時間がかかります。
変化が見えるまで最低1週間、可能なら3か月使っていただくと、効果を実感できます。
また、カラーやパーマをしていなくても、髪質重視の方にはオススメです。
もし、即効性のある対策をしたい場合は美容院のトリートメントをお勧めします。

Q:なんでメリットとかH&Sって叩かれてるの?

A:
それは、これらのシャンプーが「ラウリル硫酸」と「ラウレス硫酸」といった危険な成分を含んでいるからです。
ラウリル硫酸とラウレス硫酸はコストが安いので良く市販のシャンプーに使われますが、これらはタンパク質変性を引き起こし、髪を傷めたりパーマのかかりを悪くしてしまいます。
当然頭皮にも悪影響を及ぼしてしまいます。
これが、「およそ褒めるところが一つもないシャンプー」と言われる原因です。

Q:リンスインシャンプーってどうなの?

A:
シャンプーの目的は洗浄、リンスの目的は補修です。
これを同時に実現できればリンスインシャンプーも効果的ですが、残念ながら現状では同時に実現ができていません。
というのも、リンスというのはコーティングなのですが、リンスインシャンプーは汚れが落ちる前にこのコーティングをしてしまうのです。
結果、汚れたままコーティングされるか、汚れた部分からコーティングが落ちてしまいます。
なので、現状、効果はあまり期待できません。

また、シャンプーは性質上頭皮を洗うものなので頭皮につけたほうがいいですが、リンスは頭皮環境のためには頭皮につけないほうが望ましいです。
なので、こうした性質の違いからもあまりオススメできません。

Q:最近のシャンプーは色んな効用があるから数本買って目的に合わせて使い分けるべきなの?

基本的にシャンプーは一つあれば十分です。
シャンプーでよく言われる効能に、髪質改善、抜け毛対策、ニオイ対策等があり、また低刺激から洗浄力が強いものまであり、シャンプー紹介サイトの中には使い分けるべきと言ってるサイトもあります。
ですが、当wikiで紹介した通り髪質改善も抜け毛対策もニオイ対策も全て正しくシャンプーを使えば、頭皮環境を整えられ同時に目的を達成できます。
また、洗浄力は基本的に汚れを落とせればなるべく弱いほうがいいので、使い分ける必要はありません。
そもそも、シャンプーは継続して使用することで効果を発揮するので、使い分けをするとどの効能も中途半端になります。
自分の髪質や状態にあったシャンプーを一本選び使い続けるべきです。
あえて言えば、スペシャルケアとして一週間に一度、炭酸シャンプーを使うことはありますが、使い分けではなく併用です。

使い分けをオススメしているサイトは、商品を売りつけてお金儲けをしたいだけなのでだまされないように気をつけましょう。

シャンプー・コンディショナーのまとめ

  • 自分のスタイルに合わせて水溶性シリコンとノンシリコンを使い分ける
  • なるべく少ない量のシャンプーで洗う
  • 流しすぎと思うくらい洗い流す
  • コンディショナーは絶対に地肌に付けないつもりで使う

◎関連ページ

 上位ページへ戻る→男の髪の整え方まとめ



イケメンになる方法wiki TOPページへ

hair/shampoo.txt · 最終更新: 2017/01/04 21:34 by men