ユーザ用ツール

サイト用ツール


fashion

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
fashion [2015/07/12 15:59]
men [基本アイテムを揃える]
fashion [2017/01/18 21:54] (現在)
men [服の選び方]
ライン 1: ライン 1:
-====== ファッションの基本 ​======+====== ​メンズファッションで絶対に押さえておくべきこと ​======
 <​html>​ <​html>​
 <script async src="//​pagead2.googlesyndication.com/​pagead/​js/​adsbygoogle.js"></​script>​ <script async src="//​pagead2.googlesyndication.com/​pagead/​js/​adsbygoogle.js"></​script>​
ライン 12: ライン 12:
 </​html>​ </​html>​
 ---- ----
-===== ファッションに重要な要素とは ​===== +===== メンズファッションに重要な要素 ===== 
-==== 清潔感 ==== +ファッションはセンスと言われていますが、ただ単にダサいを抜け出してちょっとオシャレに見せるだけなら、センスなどなくても誰でもできます。\\ 
-まずは大前提として**清潔感**が大事です。\\ +そのために必要なのはセンスでなく理論です。\\ 
-あえて崩す方法もありますが、"基本は"以下の点が重要になります。\\+まずはファッション誌が暗黙の前提として教えてくれない最も基本の3要素を紹介します。\\ 
 +==== 1、清潔感 ==== 
 +まずはファッションの大前提として**清潔感**が大事です。\\ 
 +もちろんあえて崩す方法もありますが、高度なテクニックであり初心者は清潔感を重視したほうが良いです。\\ 
 +基本的には以下の点が重要になります。\\
   * シミや汚れがついていない   * シミや汚れがついていない
   * よれたりシワになっていない   * よれたりシワになっていない
   * 色あせていない   * 色あせていない
   * 穴やほつれ等がない   * 穴やほつれ等がない
-==== シンプルさ ==== +==== 2、シンプルさ ==== 
-また、基本は**シンプル**なものが良いです。\\+メンズファッションでは、基本はシンプルなものが良いです。\\
 ダサい人にありがちなのが、変にごちゃごちゃしていることです。\\ ダサい人にありがちなのが、変にごちゃごちゃしていることです。\\
-逆に言えば、シンプルなものはダサくなりにくいのです。\\ 
-シンプルなもので、素材やシルエットで差をつけるのが最も簡単なオシャレです。\\ 
-使う色の目安は3色以内にしておくと良いでしょう。\\ 
 \\ \\
-==== サイズ ====+逆に言えば、無地のTシャツは、清潔感とサイズ感さえ合っていれば、ダサくなることは絶対にありません。\\ 
 +なので他の基本要素を抑えつつシンプルに着ることが、オシャレへの最速の道筋です。\\ 
 +\\ 
 +==== 3、サイズ感 ====
 そして、最後に最も重要なのが**サイズ**です。\\ そして、最後に最も重要なのが**サイズ**です。\\
 サイズが合ってないと絶望的にダサく見えます。\\ サイズが合ってないと絶望的にダサく見えます。\\
ライン 36: ライン 40:
 どうしても恥ずかしい場合は、きつくない限り下のサイズを選ぶといいです。\\ どうしても恥ずかしい場合は、きつくない限り下のサイズを選ぶといいです。\\
 \\ \\
-\\ +===== 服の組み合わせえる =====
-===== 基本アイテムえる =====+
 つなぎなどの例外を除き、ファッションは1つのアイテムだけでは完結しません。\\ つなぎなどの例外を除き、ファッションは1つのアイテムだけでは完結しません。\\
 なので、複数のアイテムを組み合わせる必要がありますが、組み合わせこそが最も差がつく部分です。\\ なので、複数のアイテムを組み合わせる必要がありますが、組み合わせこそが最も差がつく部分です。\\
-そこで、幅広と合のいい基本アテムをまず揃えることが重要です。\\ +==== シルエットの基本は3つ ==== 
-基本アイテム同士流行と組み合わせること外さスタイルします。\\+カッコいいと言われる服の組みわせシルエットは3つです。\\ 
 +以下の3つであれば、体系をキレイに見せてくれます。\\ 
 +  * 「I」ラインシルエット:上も下も細身のシルエット 
 +  * 「A」ラインシルエット:上が細め、下が太めのシルエット 
 +  * 「Y」ラインシルエット:上が太め、下が細めのシルエット 
 +こううと、なんだ両方とも太めにしなければいと思うかもしれませんが、単純にそうでもありません。\\ 
 +AやYのシルエットを作るときは、メリハリがないとキレな体系に見えません。\\ 
 +このメリハリのつけ方が難しいので、最初は「I」目指すことをお勧めしす。\\ 
 +「I」ラインはスーツなどと同じシルエットで、きっちりした印象を与えるので、その点でもオススメです。\\ 
 + 
 +==== 色の組み合わせ ==== 
 +色使いは、基本3色以内ということを覚えておきましょう。\\ 
 +です、最初のうちは白黒灰色などのモノトーンに一色までにしたほうが良いです。\\ 
 +「モノトーン+一色」はスーツで完成された配色であり、カジュアルでも非常にオシャレに見える配色です。\\ 
 +オタクが黒ばかりで固めてダサく見えるのは、基本3要素シルエットがダメだったりするためです。\\ 
 +配色しては非常に有効です。\\ 
 +\\ 
 +カラーは多ければ多いほど組み合わせが難しく、流行にも非常に左右されやすく服の寿命が短いです。\\ 
 +ですので、まずは「モノトーン+1色」でそこから、慣れてきたらそこから崩していくのが良いでしょう。\\ 
 +==== カジュアル寄りかフォーマル寄りか ==== 
 +ここまでくれば基本はダサくなることはありませんがカジュアルとフォーマルのバランスもよりオシャレに見せるには重要要素です。\\ 
 +完全にフォーマルにしてしまうと、それはスーツスタイルであり、普段着としてはむしろ浮いてしまいます。\\ 
 +全なカジュアルも身長が高く体系もいいアメリカ人なら悪くないですが、日本人の体形ではダサく見えてしまうことが多いです。\\ 
 +ですので、カジュアル寄りのフォーマルくらいのバランスが一番簡単にオシャレに見せることができます。\\ 
 +\\ 
 +===== 服の選び方 ===== 
 +以上の基本を押さえれば、あとはアイテムを買っていくだけです。\\ 
 +以下、アイテム別のオススメを紹介します。
   * [[fashion:​tops|トップスの選び方]]   * [[fashion:​tops|トップスの選び方]]
   * [[fashion:​outer|アウターの選び方]]   * [[fashion:​outer|アウターの選び方]]
ライン 47: ライン 77:
   * [[fashion:​shoes]]   * [[fashion:​shoes]]
   * [[fashion:​bag|カバンの選び方]]   * [[fashion:​bag|カバンの選び方]]
-\\ +番外編:[[fashion:​uniqlo]] 
-\\ +==== ファッション誌について ​==== 
-===== 服の選び方 ===== +基本をマスターして、う一歩オシャレに見せたいときに参考にながファッション誌です。\\ 
-基本アイテム細部はブランドよってかり違うので良い物を選ぶ必要があります。\\ +着こなし方や流行のスタなども押さえきます。\\
-また、基本アイテム以外の流行やあえて型を外すためテムなどは、\\ +
-ちろん選ぶ目を養う必要があります。\\ +
-==== 雑誌を買う ==== +
-まずは、服屋に行く前に雑誌を参考にします。\\ +
-年代や系統別に大まかに整理すると以下のとおりです。\\ +
-自分の年代や系統に合わせて選んでください。\\+
 ^  雑誌 ​ ^  年代 ​ ^  系統 ​ ^ ^  雑誌 ​ ^  年代 ​ ^  系統 ​ ^
 |  FINEBOYS ​ |  高校生~大学生 ​ |  キレイめ・カジュアル ​ | |  FINEBOYS ​ |  高校生~大学生 ​ |  キレイめ・カジュアル ​ |
ライン 68: ライン 92:
 |  LEON  |  40~50代 ​ |  イタリア・モテオヤジ ​ | |  LEON  |  40~50代 ​ |  イタリア・モテオヤジ ​ |
 また、webサイトでは[[http://​wear.jp/​|WEAR]]が参考になります。\\ また、webサイトでは[[http://​wear.jp/​|WEAR]]が参考になります。\\
-\\ 
-==== 試着する ==== 
-雑誌をもとにだいたい買いたいものを考えたら、服屋に行きます。\\ 
-ブランドによって同じサイズでも大きさがぜんぜん違うので、必ず試着しましょう。\\ 
-また、この時可能なら友達か店員の評価を受けましょう。\\ 
-デザインやセンスはともかく、サイズ感は自分でわからないところを教えてくれます。\\ 
-\\ 
-==== 練習する ==== 
-とはいえ、上記のプロセスを踏んでも最初はたいてい失敗します。\\ 
-これは誰もが通る道です。\\ 
-おしゃれな人も失敗を重ねながらセンスを磨いていったのです。\\ 
-めげずにどんどん練習しましょう!\\ 
-\\ 
-ついでに町中の人がどんな格好をしているかチェックするのも、\\ 
-センスを磨くのにいい練習になります。\\ 
-\\ 
-\\ 
 服を買う店については、[[fashion:​shop|オススメのファッションブランド]]を御覧ください。\\ 服を買う店については、[[fashion:​shop|オススメのファッションブランド]]を御覧ください。\\
 \\ \\
-\\ +
-\\+
 カジュアルをマスターしたらフォーマルもマスターしましょう。\\ カジュアルをマスターしたらフォーマルもマスターしましょう。\\
 [[formal]] [[formal]]
ライン 105: ライン 111:
 \\ \\
 [[start|イケメンになる方法wiki TOPページへ]] [[start|イケメンになる方法wiki TOPページへ]]
-~~DISCUSSION~~+~~DISCUSSION:off~~
fashion.1436684346.txt.gz · 最終更新: 2015/07/12 15:59 by men