ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メニュー一覧



はじめての人向け

 ○ 最低限やることまとめ

美容編

 ○ 髪のセット・ケア
 ○ 肌のケア ← 重要
 ○ 顔全般

体型編

 ○ 王道ダイエット
   ・レコーディングダイエット
   ・低炭水化物・糖質制限
 ○ 筋トレ

ファッション編

 ○ カジュアルの基本
 ○ フォーマルの基本

香り編

 ○ 香水の選び方・付け方
 ○ 体臭を抑える方法

健康編

 ○ 生活習慣改善のまとめ

※睡眠、栄養など



コラム編

 ○ 努力でイケメンになれるのか
 ○ 努力することの優先度の考え方

diet:swimming

以前のリビジョンの文書です


水泳の消費カロリー



水泳の基礎知識

水泳の大まかなメリット・デメリットは以下です。

メリットデメリット
カロリーの消費効率がトップクラス長時間やるのが困難
ヒザなどを傷めるリスクは少ないプール代やジム代などで費用がかかる
心肺機能の強化プールまで移動しないとできない
 そもそも泳げないとできない

水泳の特徴は圧倒的な効率の良さと怪我のしにくさです。
しかし、その一方で様々な”やりづらさ”があります。

まずは、水泳をするには兎にも角にもプールがある場所に行かなければいけません。
頑張って安く抑えようと思えば、市営プールや学校のプール(学生限定)などが考えられないことはないです。
ただし、設備が不十分だったり、特定の時期しか入れなかったりするので少しハードルがあります。
なので、そういうのが嫌な人は少し高いですが、ジムやフィットネスクラブなどに行くしかありません。

また、水泳の運動効率がいいというのは裏を返せば、体力を使うということです。
なので、長時間継続するのが難しく、挫折しやすい傾向にあります。
よって、水泳はどうしても短期間で痩せたいなどの理由がある人にオススメの方法です。

水中ウォーキング

泳ぎではありませんが、プールでできる運動として水中ウォーキングがあります。
水中は水の抵抗がある分普通のウォーキングよりも消費カロリーが高い上に、水の浮力によって膝への負担がなくなり、怪我をしにくいです。
なので、水中ウォーキングは特に高齢の方や極度の肥満な方にオススメな運動方法です。
たいていのジムやプールにはウォーキング専用のレーンが設けられているので、そこを活用しましょう。

消費カロリーはどのくらいか

年齢・泳法・速さなど様々な条件に左右されますが、水泳の消費カロリーの目安としては以下の通りです。
1300kcal/1時間(クロール)
700kcal/1時間(平泳ぎ)
360kcal/1時間(水中ウォーキング)

水泳は足だけでなく全身を使うので非常にカロリー消費効率が良いです。
その中でもクロールの効率は良いですが、1時間泳ぎきるのはきついです。
平泳ぎでもジョギングより効率はいいのでうまく平泳ぎとクロールを組み合わせると良いでしょう。

準備するべきもの

基本的には用意するのは水着とゴーグルだけで大丈夫です。
ただし、場所によっては水泳キャップを着用しないと入れないところもあるので注意してください。

水着は、ガチでタイムを狙うのでなければ水着は普通のもので良いですが、フィットネスやジムで泳ぐなら、スパッツタイプがオススメです。
市民プール等なら普通のレジャー用の水着でいいと思います。




◎関連ページ

 上位ページへ戻る→王道ダイエット


イケメンになる方法wiki TOPページへ

diet/swimming.1445263245.txt.gz · 最終更新: 2015/10/19 23:00 by men