ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メニュー一覧



はじめての人向け

 ○ 最低限やることまとめ

美容編

 ○ 髪のセット・ケア
 ○ 肌のケア ← 重要
 ○ 顔全般

体型編

 ○ 王道ダイエット
   ・レコーディングダイエット
   ・低炭水化物・糖質制限
 ○ 筋トレ

ファッション編

 ○ カジュアルの基本
 ○ フォーマルの基本

香り編

 ○ 香水の選び方・付け方
 ○ 体臭を抑える方法

健康編

 ○ 生活習慣改善のまとめ

※睡眠、栄養など



コラム編

 ○ 努力でイケメンになれるのか
 ○ 努力することの優先度の考え方

diet:cycling

サイクリングの消費カロリー



サイクリングの基礎知識

サイクリングは自転車をこぐ運動で、大まかなメリット・デメリットは以下です。

メリットデメリット
疲れにくいのに消費カロリーは高いコスパの良さ自転車を買うなどの費用がかかる
景色が変わるので飽きにくい天候や気温に大きく左右される
ケガのリスクが比較的少ない交通事故などのリスクがある
通勤通学に使えば交通費の削減になる自転車をメンテナンスする手間がかかる

サイクリングの最大の特徴は疲れにくいのに消費カロリーが高いことです。
速度の出るサイクリングは必然的に風によって体温の上昇が抑えられ、疲れにくくなります。
また、景色も大きく変わるので、気分転換ができて飽きが来づらいです。

一方で、初期投資がややかかる上に、メンテナンスの費用もかかるというデメリットがあります。
また、交通事故(加害者も被害者も)のリスクもあるので、走行する場所や時間に注意が必要です。

なので、サイクリングは費用を少しかけられる人にはオススメのダイエットです。
ただし、高いというのは必ずしも悪いことではありません。
例えば、ライザップが効果的というのは、最初に高い金を払ったからにはやらなきゃという心理が働く効果が大きいとも言われているので、逆に初期投資でお金をかけたということがモチベーションにも繋がるので良いかもしれません。

サイクリングの消費カロリーはどのくらいか

年齢・自転車の種類・速さ・坂など様々な条件に左右されますが、簡易的に、
 時速16km(平均的速度)の場合:体重(kg)×時間(h)×5(運動強度)
 時速20km(やや早い速度)の場合:体重(kg)×時間(h)×8(運動強度)
で計算することができます。

例えば、体重60kgの人が時速16kmで1時間サイクリングすると、約300kcalの消費になります。
詳しいカロリーを知りたいときはRuntastic Road Bikeなどのアプリを使うと詳細なカロリーを計測することができます。

サイクリングのために準備するべきもの

当たり前ですが、サイクリングに必要なのは自転車です。
車種の理想としては、ママチャリではなくクロスバイクがオススメです。
クロスバイクは、整地・不整地走行を両立できる車種として生まれたもので、荒れ地を走るマウンテンバイクと舗装路の高速走行用のロードバイクの中間的存在です。
ママチャリでも悪くはないのですが、長距離を走るように設計されていないので、壊れやすく、人にとっても疲れやすいです。
なので、ダイエット目的で街なかを走る分には、余程の荒道でない限りクロスバイクがオススメです。


また、必須ではないですが事故防止のためにヘルメットがあった方が良いです。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) FIGO[フィーゴ] M/L パールホワイト
OGK KABUTO(オージーケーカブト) (2012-07-25)
売り上げランキング: 1,035



◎関連ページ

 上位ページへ戻る → 王道ダイエット


イケメンになる方法wiki TOPページへ

diet/cycling.txt · 最終更新: 2017/06/18 11:57 by men